ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

食費・日用品

食費の予算が守れない時にチェック!キツキツ予算を再配分!

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?
当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^
※その他免責事項をお読みください。
 
**今回のご相談内容**

はじめまして!
結婚して4年、本当にこれで我が家の家計は大丈夫なのかとずっと不安になりながらつけていた家計簿、あきさんの家計簿に出会って我が家のお金の流れが把握できるようになり家計管理が楽しくなってきました!
そこで日々の買い物について質問があります。
我が家は
夫(30)妻(30)子(3)子(2)子(0)
の5人家族で食費を4万と設定しています。(米代3000、酒代3000込)
月予算から米、酒代を引いた1日約1000円の予算で買い物をしています。
いままで週1でまとめ買いをしていましたが週1だと1回の買い物量が半端ないのと食材の鮮度も落ちるし冷凍保存するとお肉などは解凍に時間がかかり面倒なので2、3日に1度のまとめ買いに変更し買い物の仕方の改善をしている最中です。
ですがいままで守れていた予算が2、3日のまとめ買いに変更してから予算をオーバーしてしまうことが多くなってしまいました。
単純に肉と野菜だけならギリギリ。調味料などを買う日は必ずオーバーしてしまいます。
我が家もかなり食べる方で子どもも3歳2歳とは思えぬほどの食欲があり、鶏肉の唐揚げなど好物を作ると1キロぺろっと一晩で無くなってしまうような大食家族です。
朝昼は夕飯の残り物だったりパンだったりそこまで量を食べるわけでないので夕飯くらい満足してもらいたい。
栄養のことも考えて野菜も食べて欲しいし果物が大好きなので少しではありますが夕食後は必ず果物を出したいと思っていて果物も買ってしまいます。
特別ムダな買い物をしているつもりがなくておやつやジュースは週に1回だけにしたり工夫しています。ですが、そういったお楽しみを入れてしまうとまたこれも予算オーバー…
いままでオーバーしなかったのに買い物の仕方を変えた途端オーバーしてしまいなにがいままでと違うのか、考えてもやり方をいろいろ試してもなかなか良い方法が見つかりません。
単に予算が少ないのでしょうか。でも週でのまとめ買いでは予算内だったのに…
どのように買い物をしたら予算が守れるようになるでしょうか。あきさんなら我が家のような場合どうお考えになりますか?
ぜひヒントを頂きたいです。
長文&分かりづらい文章で申し訳ありません。お忙しい中こんな質問でさらに申し訳ありません。
よろしくお願いいたします。

**********

(あきの答え)
ご質問ありがとうございます。あきです。
ブログへのご訪問もありがとうございます^^
「食費の予算が守れない時」についてですね。
**********

☆食費の予算の考え方☆

食費の予算を守るというのは、難しいものですよね。
節約主婦の方が、わが家の食費は月1万円!なんて記事を見ると、焦ってしまうこともあるでしょう。
食費は、家族の健康を守る砦。
安ければいいという発想は、家族の健康を犠牲しているのと一緒です。
家族4人なのに、肉や魚などのタンパク質をこれでもかと削って、4人で1日200g。
いくら食費が安くても、あきらかなタンパク質不足。
貧血、冷え性、筋力不足の原因になることは素人が見ても明らかです。
このような節約術には賛成できません。
したがって食費の予算は、家族構成、家族の年齢を考慮して、小さいお子さんがいるなら大きくなるにつれて増やすのが当然です。
成長期のお子さんがいるのに、赤ちゃんの頃と同じ食費でやりくりしようとする必要はないのです。
食費を削りたいという気持ちはわかりますが、削りすぎにならないようにすることが大切です。
☆適切な食費とは☆
たくさんの家計状況をみさせていただいた中で私が考える食費の適切な予算は、
1人1ヵ月10000~15000円(米代含む。日常的なおやつ含む。酒代のぞく)
です。
食べ盛りの男の子が2人いる、高校生の子どもがいてお弁当が必須など、条件に応じてもう少し増やしてもいいでしょう。
ですから、5人家族の質問者様の適切な食費の予算は、50000円~75000円くらいと考えます。
現在の予算は、40000円で、酒代込みということですので、予算はかなり厳しめと言えます。
3人目のお子さんはまだ赤ちゃんなので、4人家族とみなしても、40000円~60000円が適切と考えますので、やはりやや厳しめといえます。
予算が厳しすぎるから予算が守れないのではないかなと思います。
3人目のお子さんが自分で食べるようになったら、食費の予算は是非上げてほしいところです。
☆食費を節約する方法☆
5人家族で食費40000円は予算としてかなり厳しめということをまずお伝えしましたが、それでもどうにかして食費を維持したい時は、以下の方法についても考えてみて下さい。
食費を一番安くおさえられる方法は、
1週間分の献立を考え、必要な食材をメモし、1週間程度のまとめ買いをする(メモに書いてある食材以外は一切買わない)
という方法です。
ただし、食材を冷凍したりする手間も発生しますし、鮮度も落ち、冷凍することで栄養価もなくなります。
また、毎週献立を考え、食材の買い物リストを作成するという時間的な手間も発生します。
実は私もこの方法をやっていたことがあります。
確かに食費は安く済ませられましたが、手間の割には安くなる金額は大したことはないというのが感想です。
はっきり言って、手間のわりには続けるのがばかばかしい節約術と考えています。
そこで私は、2,3日、多くて4日分の食材をちょこちょこ買うという方法にしています。
その代わり、
献立は考えたり考えなかったりでOK
食材リストも考えたり考えなかったりでOK
冷凍はしない
という方法にしています。
食費を安く済ませるという意味では、1週間のまとめ買いより効果は落ちますが、手間がなく気楽に取り組める点が気に入っています。
また、時間的な拘束が少ないので、来週の献立は何にしよう・・・と考える時間を節約できます。
空いた時間に1時間残業をしたり、収入を増やす勉強をすれば、月数千円、せいぜい月1万円程度の節約のために膨大な時間を割くより、よほど効率がいいです。
食費をとにかく安くしたい時は、1週間まとめ買いで手間をかけ時間をかける方法に戻した方がいいでしょう。
ちなみに、献立ノートなし、買い物リストなしで1週間のまとめ買いをするのは、かえってムダな買い物を招きますので、節約術になりません。
献立ノートと買い物リストがなくても、電卓をたたいて毎回予算内にできるなど、かなりの節約上級者であればいいですが、そこまでの上級者でない場合は、1週間のまとめ買いで食費を安くしたい時は、献立ノートと買い物リストは必須と考えましょう。
☆まとめ☆
・どうしても食費を安くしたい時は、1週間のまとめ買いがオススメです。ただし、献立を考え買い物リストを作ることが必須です。
・食費は健康を守るために大事な支出ですので、子どもが大きくなったら月数千円ずつでも積極的に増やしましょう。
質問者様はこれからお子さんが成長期、食べ盛りを迎える家族構成ですので、今と同じ食費で大人になるまで何とかしようとは考えない方がいいでしょう。
年々今の食費では厳しくなり、食費を上げざるを得ない状況になっていくでしょう。
さらに、あと10年後から15年後くらいまでに食費のピークを迎え、なんでこんなに食べるの?!というくらいまで食費は上がるものと想定したほうがいいですね。
ちなみにわが家も、毎年数千円ずつ食費は上げるようにしています。
これは、家族が将来的に少しでも健康でいられるための積極的な投資ですから、食費が上がることにビクビクする必要はありません。割り切りましょう!
☆関連記事☆

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!
↓食費・日用品についてのご質問のまとめはこちらから
食費・日用品のご質問(まとめ)
↓予算の立て方・守り方についてのご質問のまとめはこちらから
予算の立て方・守り方のご質問(まとめ)
 

**********
お役に立ちましたか?
このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。
友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、いつでもお待ちしています!
またいつでもご利用下さいね☆彡
文/あき

**********

↓はじめての方はこちらから
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語
↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術
↓その他のご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)
↓無料で家計の相談にお答えしております。
・お問い合わせ
**********

 

POSTED COMMENT

  1. a-mama より:

    質問したものです!
    解答ありがとうございました!
    うすうす気づいていた食費の少なさ。あきさんにズバッとご指摘頂きスッキリしました!
    予算をあげて上手に買い物できるように頑張ります

  2. あき より:

    a-mamaさんコメントありがとうございます!
    食費は頑張りやすいので、つい節約しすぎてしまいますよね~!
    これからお子さん3人でますます食費がかかってくると思いますが、自分なりの丁度良い予算でやっていかれてくださいね(#^^#)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください