ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

お金を貯める節約術や考え方

春休み・夏休み・冬休み。子どもの長期休みで支出が増える対策!

pic9

春休み、夏休み、冬休み。

子どもの長期休みが入ると支出が増えますよね。

家計簿をつけている方だと、長期休みがあると「予算オーバー」「予算が守れない」ということにもなります。

実は、この長期休みを乗り切るコツがあるので、紹介します。

pk春休み、夏休み、冬休みは支出が増えると割り切る

家計を上手にやりくりしなくては、と頑張っている主婦の方に多いのが

「毎月同じ金額でなんとかする」という固定概念です。

何が何でも毎月同じくらいの金額でやりくりしなくてはいけないと思い込んでいるので、春休み、夏休み、冬休みといった長期休みがあっても、当然同じ金額でやりくりしようとします。

しかし、実際には、長期休みで子どもが家にいるためにレジャー費なども増え、結果としてかなり厳しいやりくりをしなくてはならない・・・という羽目に陥ります。

そのため、予算を決めたけど守れなかった・・・というようなことになりやすいのです。

また、予算を守ろうと頑張りすぎるために、夏休みでもプールひとつ行かない、レジャーが極端に制限された生活を送ることになることも。

家族がレジャーに行きたい!などと言い出すと、「またお金がかかる・・・」と支払いにビクビクすることもあるでしょう。

しかし、そのような生活が本当に子どもにとっても家族にとっても自分にとっても理想なのかは考える必要があります。

私は、精神的に追い込まれる生活を送るよりも、春休み、夏休み、冬休みといった長期休みは支出が増えるものと割り切ってしまった方が、気持ちもラクになると考えます。

pk長期休みの計画は

長期休みのお金の計画は、家計簿をつけている時は「特別費」で立てます。

旅行費 3万円
実家帰省費 1万円

と具体的に計画します。

しかし、だからといって4万円でお金を準備してしまうと、旅行と帰省いがいはどこにも行けないということになってしまいます。

そこで、

レジャー費1万円

などと、さらになんにでも使える予備費をもうけておくと便利です。

ここには、夏休みなら盆踊り、花火大会などのちょっとしたイベント参加費を含めてもいいですね。

長期休みに入ると子ども達のお昼ご飯が必要になるので、外食が増えがち・・・という場合は、長期休みの間の外食費としてもいいでしょう。

そのような予備費を作っておくと、いつもの予算が厳しくなりすぎるのを防ぐことが出来ます。

せっかくの長期休みですから、思い切って楽しみたいもの。

ある程度の支出増加はあらかじめ見越しておけば、お金でビクビクすることもなくなりますよ!

☆関連記事☆

↓お金持ちになる考え方はこちらから。
お金を貯める節約術や考え方(まとめ)

**********


↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

↓今度こそ本気で家計を改善したい!という方はこちらから
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語

↓無料で家計の相談にお答えしております。
・お問い合わせ

**********

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください