積み立て・口座・貯金

【口座分けテクニック】給料口座と引き落とし口座は分ける!

日頃の「家計管理に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします。

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

はじめまして。

最近はじめたばかりですが、あきさんの書籍やHPを参考にさせていただいております。

今、主に利用している口座(A)と
微々たる金額ですが毎月貯金している口座(B)
その他、あまり動いていない口座がいくつかあります。

口座(A)には給料が振り込まれ
カード払いの引き落とし、光熱費の引き落とし、生命保険の引き落とし、特別費の分など
すべてのお金がこの口座(A)で動いてしまっています。

口座(A)は結婚当初から使用していたので最初は使いやすかったのですが
今となっては入ってきた金額と出ていった金額とで、その1ヶ月(その一年間)何にどれだけ使ったのかなどプラスになっているのかマイナスになっているのかがわかりにくくなり非常に面倒になってしまいました。

本来なら給料が振り込まれる口座と引き落としなどの口座を別々にするべきだと思うのですが
カードや保険の手続きを考えるとなかなか今から別にするのも難しそうです。

今の口座のまま一目でお金の動きをわかりやすくするにはなにか方法はありますでしょうか?

アドバイスお願いいたします。

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。家計簿&家計管理アドバイザー、家計研究家のあきです。

「給料口座の管理方法」についてですね。

給料口座の管理方法

毎月給料が入金される口座を「住宅ローン」「水道光熱費」「携帯電話」などの支出が引かれるように設定しているなど、「生活費の引き落とし口座」として利用している方は多いのではないでしょうか。

しかし、この方法にしてしまうと「給料口座」から「住宅ローン」「水道光熱費」「携帯電話」などの生活費が引き落とされ、さらに現金で使う生活費も引き出しと「入出金が非常に多い口座」になってしまいます。

お金というのは出入りが多ければ多いほど「あといくら使ってもいいのかが分からない」という「お金の管理ができなくなる原因」になりやすい傾向があります。

質問者様もまさに「給料口座」と「引き落とし口座」を一緒にしていることでどれだけ使ったのかどれだけ貯金ができたのかなどが分からなくなってしまっているようです。

このような混乱を未然に防ぐために、「給料口座」と「生活費の引き落とし口座」は分けて管理することをオススメします。

給料口座の管理方法

給料口座と生活費の引き落とし口座を分けている場合は、毎月給料が出たら給料を生活費の引き落とし口座に入金するという作業を行いましょう。

生活費の引き落とし口座には1ヵ月に引き落とされる金額が10万円ならほぼ10万円と引き落とされる金額とほぼ同額を入金します。

このように毎月決まった金額を引き落とし口座に入金することで、引き落とされる生活費はいくらなのかを明確に把握できるようになります。

■参考:毎月給料が出たらやりたいお金の整理法については以下の記事で詳しく紹介しています。

通帳、口座管理
毎月給料が出たらやりたい!お金の分け方・整理法の3つのステップ!毎月給料が出たら、まずやりたいことは「お金の整理」です。 お金を「より明確に分かりやすく分ける」ことで「お金を貯めやすい家計」の土...

給料口座と生活費口座を分けられない時

上記のように「給料口座」と「生活費の引き落とし口座」は分けることをオススメしますが、長年同じ口座で管理していて今更変更するのも大変なのでそのまま一緒にしておきたいというご希望をお持ちの場合もありますよね。

そのような場合は、「給料が入ったらすぐに給料を他の口座に移動する」という作業を行うようにしましょう。

例えば、給料25万円が入金されたら、引き落とされる生活費に必要な10万円だけを給料口座に残し、あとは全額他の口座に移します。

このように作業することで、給料口座と生活費の引き落とし口座を分けなくても上記のように口座を分けた場合と同じ効果が期待できます。

この時お金を移動する他の口座は「特別費口座」または「貯金口座」とします。

質問者様も手続き上変更が難しいということですので、上記の通り「給料が入ったらすぐにお金を他の口座に移動する」という方法を活用することでお金の動きが分かりやすくなると推測できます。

給料がはいったらすぐに給料を必要な生活費だけを残して残りを「特別費口座」「貯金口座」に移しましょう。

■参考:特別費口座とは?については以下の記事で詳しく紹介しています。

特別費
特別費口座とは?家計の思わぬ出費に通帳分けで対応する方法!特別費という言葉を聞いたことはありますか? 特別費とは、毎月あるものではないけれど、家計の中では比較的高額になりやすい支出のことで...

■参考:貯金口座とは?については以下の記事で詳しく紹介しています。

通帳、口座管理
貯金口座の作り方!貯金口座を他の口座と分ける意味とは?貯金口座を生活費口座と分けるのは通帳口座の管理方法の基本です。 特に貯金口座については他の口座と分けて管理することを強くオススメし...

口座管理の基本

上記のような口座管理は「使ってもいいお金の上限を通帳をみただけで把握できるようにする」ために行います。

給料口座と生活費の引き落とし口座を分けるだけでなく、特別費口座や貯金口座も分けることをオススメします。

■参考:口座の役割を3つに分けてお金を貯める方法については以下の記事で詳しく紹介しています。

通帳、口座管理
貯金口座は生活費口座と分ける!銀行口座の使い分けで家計を管理する方法!効率よくお金を貯めたいと思うなら、まず取り組みたいのは「口座分け」のテクニックです。 メインバンク、サブバンクと、口座を使い分ける...
関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

■参考:他にもある!積み立て・口座・貯金に関するご質問は以下にまとめてあります。
・積み立て・口座・貯金に関するご質問一覧

■参考:その他のご質問は以下の記事にまとめてあります。

家計相談Q&A
無料家計(家計簿)相談のQ&A一覧(質問疑問にお答えしています)当ブログではメールフォームより個別に無料で家計相談をさせていただいています。 お寄せいただいたご相談ご質問の結果をこちらで公開して...
ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください