正しい家計管理の仕方

超簡単!簡易ライフプラン表の作り方と記入例!家計の中長期的な計画を立てよう!

家計管理

ライフプラン表を作成して、将来の家計をシミュレーションしましょう!とよく言われますよね。

でも、ライフプラン表の作成方法は、本格的なものはとても難しいもの。

将来的な支出をどう予測していいか分からず、初心者では煮詰まってしまうことも多いものです。

また、いくら予測を綿密に立てても、予測はあくまで予測

実際には予定外の出来事が起き、計画通りに進まない…なんてこともありますよね。

このように、本格的なライフプラン表はプロの手助けがないとなかなか難しいものです。

しかし、簡易的なライフプラン表なら家計初心者の方でも容易に作成することができます。

ここでは、そんな簡易的なライフプラン表の作成方法を紹介します。

簡易的なライフプラン表を作成してみよう!

簡易的なライフプラン表の作成方法は簡単です。

家族の年齢、大きな支出予定、目標額、累計に分けて、中長期的な家計の計画を立てるだけです。

手書きでライフプラン表を作成するのもよいですが、エクセルを使うと自動計算ができますので便利です。

わが家で使っている簡易ライフプラン表(エクセル)のフォーマットは↓こちらになります。

自作エクセル家計簿の作り方(画像)ライフプラン表自作エクセル家計簿の作り方(画像)ライフプラン表

※クリックで拡大できます。

今回は下に続いていく形式ですが、横に続いていく形式にしても問題ありません。お好みや用途によって使い分けて下さい。

各項目に記入する内容は以下の通りです。

1.西暦

西暦の列には、西暦で「年」を記入していきます。

2.年齢

西暦の年とあわせた家族の年齢を記入します。

3.イベント

その年に予定されるイベントを書きます。車の買い替え、大学入学、マイホーム購入、リフォームなど大きなお金が必要になるイベントを記入しておきます。

4.大きな支出予定

イベントに想定される大きな支出の予定をざっくりと記入します。

大学進学時に私立大学文科系学部なら約430万円、車の購入なら200万円など、だいたいの概算でかかりそうな大きな支出を記入していきます。

5.目標額

その年に貯金する目標額を記入します。過去の実績などからあまり現実離れしていない金額を記入しましょう。

6.目標額累計

5の目標額を貯金した場合、貯金総額はいくらになるかを記入します。

エクセルの場合は

=目標額+前年の目標額累計

と計算式をいれます。初めの年だけは前年の目標額累計がないので手入力します。

7.実績額

実績額には、実際にその年に貯金できた金額を記入します。

8.実績累計

実績累計には、7で記入した実績額の貯金ができた時の貯金総額はいくらになるかを記入します。

エクセルの場合は

=実績額+前年の実績額

と計算式をいれます。初めの年だけは前年の目標額累計がないので手入力します。

簡易的なライフプラン表(例)

金額やイベントを具体的に入力した記入例は↓こちらです。

自作エクセル家計簿の作り方(画像)ライフプラン表 記入例自作エクセル家計簿の作り方(画像)ライフプラン表 記入例

※クリックで拡大できます。
上記の記入例は、9年~10年に一度200万円の車を購入し、毎年1年に100万円ずつ貯めた場合の簡易ライフプランです。

大学の費用として仮に入学時に430万円を想定します。

上記の場合ですと、1年に100万円ずつ貯めれば、57歳では1340万円貯まります。

このようにして、貯金目標額のみを主体にして計画すると、簡易的なライフプランを簡単に作成することが出来ます。

この目標額が毎年達成できるように支出を調整したり、収入を増やしたりという努力をしていくことになります。

以下注意点を記します。

*お子さんがいる場合は、学資保険などに加入していなければ、大学入学時の年に私立大学文科系学部なら430万円程度を仮に大きな出費として記入しておきましょう。(あくまで仮です)

※大学の費用は文部科学省「平成26年度 私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額(定員1人当たり)の調査結果(http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shinkou/07021403/1365662.htm)」の私立大学文科系学部にかかる費用を参考にしています。当方にて端数を切り上げるなどの加工を行っています。

*高校生までの学費は、貯金を崩さずに、収入の範囲内で支払えるように工夫するなど、目標額を達成するためにどうすればいいか考えておきましょう。

*目標額などには現金の貯金額のみを記入しましょう。返戻金や株など、その他の貯蓄がある場合は、項目を増やしたり、メモを増やしたりして対応しましょう。

ライフプランはあくまで予測

ライフプランは、あくまで予測です。

実際には、子どもが想定外に医大に行くことになった、大学ではなく専門学校に行くことになった・・・など、予測と違うことも十分にあり得ます。

上記のようにできるだけ簡易的でシンプル表で作成しておく方が、予定が変わるたびに、書き換えることが簡単です。

「お金に向き合うこと」は「人生と向き合うこと」

多くの方は、このようなライフプラン表を作ったこともなく、なんとなくお金がない状況におびえながら、「なんとかなる」と現実から目をそらしています。

家計簿なんて面倒くさいし…
お金なんてなくてもいい…
お金にガツガツするようで恥ずかしい

だらだらと無計画な支出を続け、いよいよ苦しくなった時からでは遅いこともあります。

子どもが大きくなって、自分からこれをやりたい!と言い出した時。

定年し、働けなくなった時。

このまま貯金がない生活で、本当に大丈夫ですか?

そのうちなんとかしようと、ズルズルといつまで先延ばしにし続けますか?

また反対に、貯金ばかりしていた人も、将来的に貯められる金額が把握できると、こんなに貯めて、どうするつもりなんだろう…と疑問がわくこともあるでしょう。

貯金ばかりで、使えないお金ばかりを増やすのではなく、将来的にこれくらいあればいいや、という予測を立てるのにも簡易ライフプランは役立ちます。

お金に向き合うことは、人生に向き合うこと。

お金の使い方には、生き方があらわれるといわれます。

一度取り組んでみると、家計の将来設計のひとつの指針になりますよ!

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓正しい家計管理で家計を立て直しましょう!
・正しい家計管理の仕方(まとめ)

↓ライフプラン表だけでなく、家計の年間予算表も作成してみてはいかがでしょうか?
・【画像つき】わが家の年間予算表の作り方

この記事を書いた人

あき:家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー資格所有。
家計簿、家計管理、節約術、貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。掲載雑誌なども多数。
東京都在住。子ども3人5人家族の主婦。

おもな著書は以下の3冊。
「1日1行! 2年で350万貯めた あきのズボラ家計簿」
「年1回見直すだけ! ラクして貯まる! あきのズボラ家計管理」
「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください