ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

お金を貯める節約術や考え方

本当に得するのはどっち?!貯金と投資の差!

pic9

お金を貯めるなら「貯金」。

少しでもお金を残さなくては・・・と一生懸命にお金を貯める。

当ブログ推奨の「家計簿」を利用して、年間50万円、年間100万円といったまとまったお金を貯金できるようになってきた方も多いのではないでしょうか。

しかし、そのお金をどう活用していますか?

銀行に預けっぱなしにしておくことが必ずしも正解とは限りません。

pk貯金の金利

現在は、「低金利」時代です。

昔は銀行にお金を預けているだけで、知らないうちに利息がついてお金が増えている・・・ということもありました。

しかし、今は、たとえばゆうちょ銀行の金利は、通常貯蓄「0.001%」、定額貯金「0.010%」。

複利で、100万円を10年間預けた場合だと

通常貯蓄「0.001%」
10年後・・・1,000,100円

定額貯金「0.010%」
10年後・・・1,001,000円

なんと、10年預けても、100~1000円しか増えません。

銀行によっては、定期なら「0.050%」、条件を満たせば「0.100%」というところもあるようですが、

貯金金利「0.050%」
10年後・・・1,005,008円

貯金金利「0.100%」
10年後・・・1,010,045円

それでも5000円~10000円しか増えません。

しかも、インフレの時代ですから、通常貯金に預けておくだけでは価値が下がるだけだという方もいます。

pk投資の配当金

いくら貯金をしていても、銀行に預けっぱなしではほとんどお金は増えません。

しかし、同じ金額を投資に回した場合はどうなるでしょうか。

株には、配当金というものがあります。

どの株を選ぶかによってバラつきはありますが、配当金が3%あることも珍しくありません。

同じく100万円を10年間運用した場合、複利として計算すると

配当金「3%」
10年後・・・1,343,914円

10年間、配当金がでたらその分をさらに運用に回すと、10年間で約340000円増えます。

もちろんこれは、配当金のみで考えた場合ですので、売買を繰り返し運用益を得たり、株価じたいが上昇すれば5%、10%など、3%以上の増加が見込めます。

ちなみに「5%」、「10%」で計算した場合の増加は以下のようになります。

運用益「5%」
10年後・・・1,628,891円

運用益「10%」
10年後・・・2,593,740円

このように、通常貯金と投資ではかなりの差が出ます。

ただし、投資にすると、時には元本を割ることもあり、必ずしもこの通りの金額になるとは限らないというリスクもあります。

pk投資をはじめるのもひとつの手

わが家の場合は・・・というと、貯金の一部を少しずつ株に回しています。

しかし、万が一損をしても惜しくないという程度にしています。

元本が減ることはないけれど、増えることもほとんどない通常貯金にお金を預けるか

元本が減るリスクもあるけれど、増えることもある投資にするか

個人の考え方もあり、一概に「これにしたほうがいい」とはいうことが出来ません。

ただ、現実として、金利と配当金のパーセンテージについては「知っておく」といいですね。

※こちらの記事は、投資をすすめるものでも、投資を否定するものでも肯定するものでもありません。
※投資を始めた場合に、何らかの損失を被ったとしても当方では一切の責任を負いません。

☆関連記事☆

↓その他、お金持ちになる考え方はこちらから。
お金を貯める節約術や考え方(まとめ)

**********


↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

↓今度こそ本気で家計を改善したい!という方はこちらから
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語

↓無料で家計の相談にお答えしております。
・お問い合わせ

**********


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください