ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

夫と妻の小遣い

自分の小遣いを【カード払い】にした時に注意するポイントは?

pic5

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

※その他免責事項をお読みください。

**今回のご相談内容**


あきさん、はじめまして♪

いつも役に立つブログ、ありがとうございます。

さっそく質問なのですが、きっとあきさんはお小遣いの範囲でお買い物をする場合も現金払いですよね?

私はネットショッピングでクレジットカードを登録しており、たまに自分のお小遣いの範囲で買い物するときがあります。その時だけ別の支払いにすればシンプルなんでしょうが、ついそのまま会計してしまいます。

お小遣いでのカード使用分は月末締めで一ヶ月分をお小遣いから現金で引き落とし口座に入金するようにしてます。

これを家計簿に記入する場合、どのようにすべきでしょうか?

通常お小遣いは月始めに支出に計上するのみです。

わかりにくい質問でしたらすみません。
どうぞよろしくお願いいたします。


**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「妻の小遣いの扱い方」についてですね。

**********

☆妻の小遣い☆

結論からお伝えすると、私の考え方ですと、妻の小遣いは完全に「家計管理外」のお金として扱うのが一番ラクです。

自分の小遣いは自分のために使うものとして、家計から独立させてしまいます。

例えば、月5000円小遣いをもらったら、家計簿には月5000円と記入し、あとの使い道は自由。

何に使ったかは家計簿にもかかないという方法です(わが家は裏ワザを使っているので、家計簿に小遣いの金額さえ書いていませんが^^;)。

質問者様は、自分の小遣いからカード払いをすることがあるということですね。

☆妻の小遣いのカード払い☆

私も時々自分の小遣いの範囲でカード払いで買い物をすることがあります。

このような時は、「自分専用のカード」を使って支払います。

引き落としは、自分専用の口座から。

家計の口座からは引き落とされないように設定してあります。

このようにしているので、自分の小遣いの範囲内で発生したカード払いも家計簿にはつけません。

使った金額はだいたいで通帳などに挟んでおいて、給料日など銀行に行かなくてはいけない日についでに入金します。

このようにすると、通常の家計から完全に独立させることができるので、家計簿をつける手間が省け、管理がラクです。

☆家族のカードで支払った場合☆

私は、自分のものは自分のカードで支払うようにしていますが、分けるのが面倒で家族カードで支払うということもありますね。

その場合でも、一度小遣い5000円で家計簿に記入してある場合は、家計簿には何も書く必要はありません。

気になるなら使った金額をどこかにメモするなどして、現金でとりわけ口座に入金し相殺します。

特に収入などにして再度書く必要はないと思います。(実際にやってみていないので、計算が合わなかったら調整し、計算が合えばOKと考えて下さい)

☆まとめ☆

・妻の小遣いのカード払いは、妻専用のカードで支払うと、家計から独立させることができます

・家族のカードで支払う時は、現金でとりわけ入金するだけでOK(家計簿にはメモ程度でOK)

計算が合っていること、自分なりにわかりやすいことが一番ですので、ご自分のやりやすいように扱ってみて下さいね!

またいつでもご利用下さいませ♡

☆関連記事☆


合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓夫と妻の小遣いに関する記事はこちらにまとめてあります。
夫と妻の小遣い問題(まとめ)


**********

お役に立ちましたか?

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。
友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、いつでもお待ちしています!

またいつでもご利用下さいね☆彡

文/あき

**********

↓はじめての方はこちらから
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語

↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

↓その他のご質問はこちらから・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

↓無料で家計の相談にお答えしております。
・お問い合わせ

**********

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください