ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

お金を貯める節約術や考え方

楽天カードVSみずほ銀行カードを比較!ポイントが貯まりやすいのは?

pic9

クレジットカードでの支払い時にポイントが貯まりますよね。

ポイント還元率はカード会社によってまちまちですが、楽天カードと大手銀行であるみずほ銀行カードではどちらのポイントが貯まりやすいのかを比較してみました。

pk楽天カードのポイント還元率

楽天カード利用時のポイント還元率は、1%~3%。

100円で1ポイントがつき、1ポイント1円で利用できます。

楽天市場内では、ポイントが3倍になることもあるようです。

pkみずほ銀行カードのポイント還元率

みずほ銀行カード利用時のポイント還元率は、1000円につき1ポイント

ただし、みずほ銀行カードの場合は、1ポイントが1円ではありません。

pk楽天カードVSみずほ銀行カード

楽天カードを利用した場合のポイント還元率は、1%の時は

   100円 1ポイント
    1000円 10ポイント
  10000円 100ポイント
100000円 1000ポイント

となります。

みずほ銀行カードを利用した場合のポイント還元率は、

    1000円 1ポイント
  10000円 10ポイント
100000円 100ポイント

となります。

みずほ銀行の場合は、200ポイントくらいから他のポイントに振り替えて利用ができるようになります。

楽天ポイントにふりかえることも可能です。

楽天ポイントにふりかえる場合は、

200000円 200ポイント で、 楽天ポイント1000円。

楽天カードだと、

100000円 1000ポイント 

なので、単純に計算すると楽天カードの方がみずほ銀行カードよりポイントが2倍貯まります。

楽天のポイントが2倍3倍なら楽天カードの方がもっと貯まりますね。

ただし、みずほ銀行だと、

1000000円1000ポイントで5000円分のUCギフトカードに変えることも出来ます。

楽天カードだと1000000円10000ポイントなのでその半分にはなりますが、貯めたポイントを楽天以外のお買い物に使いたい時は便利とも言えます。

もちろん、楽天でも、ANAのマイルなどにも交換できますので、交換したいサービスによってはやはり楽天の方が貯まりやすいと言えます。

ぶっちゃけ、楽天市場でもUCギフトカード5000円分を送料込みで6000円以下で購入できますしね・・。

何でもかんでもやみくもにカード払いにしてポイントを貯めることは、家計が狂う原因になるのでオススメしませんが、賢くポイントを利用するのは素敵な事です!

pkまとめ

繰り返しになりますが、ポイ活は、しっかり予算管理ができるマメな方向けです。

予算管理ができない人がポイ活に手を出すとカード払い地獄に陥る可能性大!ですので、くれぐれも注意して利用しましょう。

ちなみに私は、マメではないので、必要以上のポイ活には興味がありません。

いくらポイントが貯まりやすいと言っても、100万円で1万円ですから、それくらいのポイントのせいで家計が狂ってしまうくらいなら、ポイントは集めない方が良い場合もありそうです。

ポイントを上手に利用する方法は、ポイントを集めるではなく、ポイントが勝手に貯まるという仕組みにしておくことですね。

(当ブログでは、楽天カードのアフィリエイトリンクは貼りません。カード作成はご本人のお好みでお願いいたします)

☆関連記事☆

↓クレジットカードのポイ活の注意点!
本当にお得?クレジットカード払いのポイントで実は損するお金の習慣

↓万が一、カード払い地獄になってしまった時の対処法
カード払い地獄でお金がない!時の実態と正しい対処法!まとめ

↓その他、お金持ちになる考え方や節約術などのコラムはこちら
お金を貯める節約術や考え方(まとめ)

**********


↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

↓今度こそ本気で家計を改善したい!という方はこちらから
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語

↓無料で家計の相談にお答えしております。
・お問い合わせ

**********


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください