ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

光熱費

電気・ガス・水道。カード払いにした光熱費は、家計簿ではいつの支出?

pic5

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

※その他免責事項をお読みください。

**今回のご相談内容**

いつも読ませていただいてます。

既出の質問だと思いますが…。光熱費をクレジットカードで払う場合、1ヶ月(2ヶ月)後になります。

3月11日〜4月10日の1ヶ月分の支払いは、5月の給料からその光熱費分の金額を封筒で管理して、引き落としされるときに入金してますか?

それとも、引き落としの月の給料(この場合だと6月)から出してますか?

いつのお給料から出してるのか知りたいです。


**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「光熱費の支払い」についてですね。

**********


☆光熱費の支払いについて☆

電気・ガス・水道などの光熱費をクレジットカード払いにしていると、請求月と支払い月に2ヵ月程度の差がでますよね。

そんな時に、

家計簿には「何月の支出で書けばいいの?」

現金払いのように扱うために、請求月に現金をとりわけるべき?

というような疑問がわくことがあります。

☆光熱費を家計簿につける時☆

電気・ガス・水道などの支払いを家計簿につける時は、実際に支払った月に統一するのが、一番分かりやすい方法です。

例えば、3月11日〜4月10日の利用分の支払いは、口座引き落としで4月25日に引き落とされた場合→家計簿の締め日が1日~31日の場合は4月分の家計簿に記入。25日スタート24日締めなら、5月分の家計簿に記入。

クレジットカードで支払っている場合は、3月11日〜4月10日の利用分の支払いが、6月4日に引き落とされた場合→6月分の家計簿に記入。

このように記入すると比較的ラクに管理することが出来ます。

☆現金取り分けをした方がいいのか?☆

当ブログでは、クレジットカード払いをした場合は、利用時に現金を取り分け、引き落とし月に入金という方法を推奨しています。

しかし、これをやった方がいいのは、「ショッピングのクレジットカードでの支払い」についてです。

光熱費や、家賃などのような「毎月決まって支払う支出」まで現金取り分けをする必要はありません。

なぜか?というと、そこまでやると面倒だからです。

また、ショッピングと違って、光熱費など「毎月決まって支払う支出」は、特に現金を取り分けたりしなくても、大きく使いすぎるということがないため、現金を取り分けることによって「無意識の使いすぎをセーブする」という効果が得られません。

現金を取り分けることによるメリットを得られないものまで手間をかける必要はありません。

ですから、やる必要はないという判断になります。

☆まとめ☆

・電気・ガス・水道などの光熱費をクレジットカード払いにしている場合は、現金取り分けをする必要はありません

・家計簿につける時は支払った月の支出で記入しましょう

既出の質問かどうかなどは気にする必要はありませんので、遠慮なくご利用下さいね^^

一緒に結果の出せる家計管理を目指していきましょう~!

☆関連記事☆

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓電気・ガス・水道など光熱費についてのご質問のまとめはこちら
光熱費のご質問まとめ


**********

お役に立ちましたか?

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。
友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、いつでもお待ちしています!

またいつでもご利用下さいね☆彡

文/あき

**********

↓はじめての方はこちらから
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語

↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

↓その他のご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

↓無料で家計の相談にお答えしております。
・お問い合わせ

**********

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください