ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

家計簿見直し術

老後の生活費はいくら必要?年金暮らしの両親の例

「老後の生活費」「老後の準備のための貯蓄」は一体いくら必要なのでしょうか?

家計簿をつけたことがない「ほぼ年金暮らしの60代後半の私の両親」「実際の生活」を例にして私なりに考えてみたいと思います。

気になる老後の家計は?

よく言われる老後のための貯蓄の理想額は3000万円です。

これは、公的年金では足りない生活費を補うために必要な貯蓄額と言われています。

本当にそれだけの貯蓄が必要になるかは求める生活のレベルによって違います。

例えば、老後は老人ホームで暮らしたい場合、入居費用もかかりますし、夫婦で入居すると月額30万円程度、年間で360万円が必要になる場合もあります。

そうなるととても年金だけでは賄えないので今までの貯蓄を使う、などのライフプランを想定している場合、3000万円、場合によってはそれ以上の貯蓄が必要になるかもしれません。

しかし、ごく一般的な生活レベルで、夫婦2人で暮らす、ということを考えると、3000万円の貯蓄が必ずしも必要とは私は思いません。

実際に、私の両親は60代後半ですが、貯蓄は3000万円どころか100万円もありません。

それでもなんとか生活しています。

私の両親のように貯蓄が全くゼロでも60代~70代半ばまでは健康であり、選ばなければ仕事につくことも出来ますし、年金以外の収入を得る手段があるうちはなんとかなります。

具体的なほぼ年金暮らしの私の両親のだいたいの家計簿は↓こちら。

項目(費目)名 金額
光熱費 25000円
生命保険 10000円
携帯電話 15000円
WIFI・固定電話 10000円
合計 60000円

住宅ローンを完済しているので、月5万円くらいで最低限の固定費の支払いは終わり・・・のはずなのですが、年金もあり多少仕事からの収入もあるのにお金が貯まらないのはその他にもたくさん支出があるからです。

老後になると、考えるのが面倒くさくなる&家にいる時間が増えるようで、光熱費もじゃんじゃん使います。医療費もここにかかってきます。
携帯電話も必要ないと思いますが何故かタブレットまで持ち3台分の契約をしています。

お金が貯められない人代表のような両親ですので(笑)、せっかく住宅ローンが減ったのに、油断しているからかどんどん他の支出を増やしていく傾向があります。

老後の家計で気をつけなくてはいけないのは、無頓着になることによって支出をどんどん拡大してしまうことだと分かります。

このようなことに気をつければ老後は比較的安定した家計を保ちやすくなるはずです。

老後にいくら準備する?

お金がないというのは、ストレスにもなりますが、何とか収入を得なくては生活できない、というある程度の危機感は、案外老化防止の一助となる可能性もあります。

仮に3000万円もの貯蓄が60歳で貯まっていたとしても、使う間もなくもしものことが起きたり、あるいは高齢者を狙った詐欺にあったり、もしもに備えていつまでも手をつけられずにそのまま眠ったままの大金になってしまったり…。

うまく使うことが出来なければ、そのまま子供たちへの遺産になってしまいます。

私は、子供たちにそんな大金を残しては子供たちがダメになるような気がしてなりません。

子供たちには、自分の生活は自分で切り開くたくましさを持ってもらいたいと思っています。

また、老後のために3000万円を貯めるためには、20歳から老後のための貯蓄をはじめても、60歳まで40年間、毎年75万円、毎月6万円以上の貯金をしなくてはなりません。

30歳から老後のための貯蓄をはじめたら、60歳まで30年間、毎年100万円、毎月8万円以上の貯金をしなくてはなりません。

一般的な子育て世帯では、この老後の貯蓄以外に、教育費、住宅費などの貯蓄も平行してすることになり、貯蓄への負担が大きくなります。

あったらいいな、と思う金額と、実際に貯められる金額は違います。

やはり、お金は、身の丈にあった、ほどほどで使い、ほどほどの貯蓄で満足するのがよいのではないかと思っています。

ではそのほどほどの貯蓄とはいくらくらいか?

私は、自分のお葬式を自分でだせるだけの貯蓄と、
多少の高額出費と、
年金支給年齢の引き上げに
備えられる程度の金額、
と考えています。

お葬式は私の祖母で大体200万円程度でしたから、
1人200万円 × 2人 で400万円。

それに、多少の高額出費と、年金支給年齢の引き上げの備えに2人で400万円程度。

大体800万円程度が60歳で用意できていればよいと考えています。

我が家では終身保険で400万円はすでに確保できていますので、あと400万円。
これくらいならば年に約20万円ほどを老後資金とすればよいので現実的にもなんとかなりそうです。

足りなければ働けるうちは働いてなんとかする、そんな心構えで老後を迎えようと思っています。