ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

家計のやりくりアドバイス

家計簿の【予算と実績があわない!】遊ぶためのお金が予定外になりがちなのですが…

家計簿をつけていると「予算と実績が合わない」ということがありますよね。

これは仕方がないの繰り返しではせっかくの家計簿もつけているだけになりがちです。

今回は「家計簿の予算と実績が合わない時の考え方」について紹介します。

※その他免責事項をお読みください。

 

**今回のご相談内容**

あきさん

【手取り年収400万円台】独身家計の貯金計画の立て方は?」で、前回相談にのって頂きました。丁寧に回答を頂きまして、本当にありがとうございます。

前回教えて頂いた内容と、また他の方へブログで回答されている内容をもとに家計改善を行っている最中です。

娯楽費と特別費について、相談させて頂けませんでしょうか。

現時点では、娯楽費と特別費を以下のように別けています。

【娯楽費】
夕食を一人で外食した場合(多い月は2万円程)
コンビニでの駄菓子の購入(多い月は2,000円程)
友人・職場同僚との食事や飲み会(多い月は5.5万円程)
カフェの利用など食事目的以外の外食(多い月は3,000円程)
マッサージや整体(多い月は1万円程)
日常の交通費(多い月は1万円程)
書籍(月5,000円程)
美容院(年間2.4万円)
アプリやプリントや手数料など(ほとんどありません)
小物の購入(ほとんどありません)
3,000円以下のレジャー(ほとんどありません)

【特別費】
プレゼントや冠婚葬祭
旅行
服飾(月々積立)
家具家電(月々積立)
3,000以上のレジャー(月々積立)
資格試験費用
ふるさと納税
賃貸の更新費用
コンタクト等のまとめ買い

しかし、特別費が予算表と実態が合わない状態です。

1週間前には予想もできてないプレゼントや国内旅行(3~5万円)が多く、予算として何円取れば計画に沿うのかがイメージできておらず、また積立としている服飾、家具家電、レジャーもうまく使えていません。

娯楽費は、人との外食が娯楽費が膨らむ大きな要因になりがちです。

しばらく上記の娯楽費と特別費の別け方でやってみた結果、
独身ひとり暮らしのため、食事に行くことも、服を買う場合も、レジャーに使うことも、国内旅行も、資格試験も全て娯楽費なのではないかと考えました。

そこで特別費を半年前には予想可能な以下の6項目のみに絞り、
・ふるさと納税
・コンタクトのまとめ買い
・賃貸の更新料、もしくは引っ越し費用
・披露宴から参加する結婚式(2次会や会食のみは、直近に決まるため計画は不可能と判断し為娯楽費へ)
・海外旅行(20万円以上の旅行を突発的に決めることはない為)
・各種年会費

それ以外は娯楽費として月々の予算で管理した方がいいのか、
それとも、それはあきさんがブログに書かれている特別費を年単位で考えられていない状態になるのか判断がつかず迷っております。

服や国内旅行等も娯楽費に入れて、
娯楽費の予算を上げた方が(8万円程度?)当月使ってもよい額が明確化するのか、
計画するのを諦めただけの状態になり結果出費が増加するのか、どちらのリスクが高いでしょうか。

重ねての質問で恐縮ですが、あきさんのアドバイスを頂きたいです。

 


**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「予算と実績が合わない時」についてですね。

**********

予算と実績が合わない時について


予算と実績が合わないあまりに合わない時は、予算の立て方などから見直す必要が出てきます。

一般的な家計簿では、予算と実績を合わせるのがとても難しいのですが、あきの家計簿は、比較的簡単に予算と実績が合せられるように構成されています。

質問者様の場合は・・・

質問者様は、特に「娯楽費」「特別費」の予算の組み方と実際の運用について上手くいかない・・・と感じられているのですね。

結論からお伝えすると、どちらの方が予算が肥大しないか?で決めるといいと思います。

例えば、

娯楽費 月8万円×12ヵ月=96万円
特別費 年間100万円

合計196万円

娯楽費 月5万円×12ヵ月=60万円
特別費 年間120万円

合計180万円

この場合は、特別費は下の方が多くなっていますが、娯楽費を抑えた方が全体的には予算が大きくなりません。

このように予算が肥大しすぎないほうを選ぶといいと思います。

質問者様は月8万円の娯楽費を予定する方がよいかも・・・ということですが、月8万円であまる月が多いようでしたら、予算としてはあまりよくありません。

月8万円なら月8万円を毎月使い切れるような予算が「肥大化していない予算」と考えられます。

急な小旅行を計画→その代わりにお友達の会食は控えるなど調整して丁度月8万円が守れる・・・というような予算であればよいと思います^^

もし私だったら・・・

もし私だったら、

【娯楽費】 月5~6万円?程度を目安にまもれる予算にする
夕食を一人で外食した場合(多い月は2万円程)
コンビニでの駄菓子の購入(多い月は2,000円程)
友人・職場同僚との食事や飲み会(多い月は5.5万円程)
カフェの利用など食事目的以外の外食(多い月は3,000円程)
日常の交通費(多い月は1万円程)
書籍(月5,000円程)

※友人との食事が多かった月はひとりで外食するのを減らすなど調整して予算を守る

【特別費】
マッサージや整体(多い月は1万円程)→年間10万円など決めて回数を年間で調整
美容院(年間2.4万円)→年間2.4万円など決めて回数を年間で調整
プレゼントや冠婚葬祭→予期できない分も含め少し多めに年間予算をとる
旅行→予定をしていない国内旅行も含め、年間で50万円まではOKなどと予算を決め、年間で調整する
服飾(月々積立)→毎月のように何か買うなら娯楽費でもOK。たまにしか買わないならこのまま積み立て、季節ごとに買い足すなどする
家具家電(月々積立)→こちらはそのまま積み立てる
資格試験費用
ふるさと納税
賃貸の更新費用
コンタクト等のまとめ買い

のようにして、娯楽費はあまり増やさず、特別費で調整するかな?と思います。

美容室やマッサージや小旅行など、きまぐれにフラッと・・・というのも楽しいのでかまいませんが、私は回数を年間で調整するほうがムダに行かないので予算が守りやすいと思います。

冠婚葬祭やプレゼントなどは、だいたいで考えておき予算が守れなくても気にしない程度で良いと思います。

ちなみに・・ですが、私は毎月冠婚葬祭(兼高額医療費)として毎月積み立て、使わなかったら翌年に繰り越すようにしています。

使わなかった分が毎年繰り越されて行くので、予期せずに高額になっても多少は赤字にならずに払えるように準備しています。

こちらは、あまり高額に準備しても仕方がないので、上限を決め、上限以上になったら毎年積み立てる金額を減らして調整する予定です。

まとめ

・予算と実績があまりに合わない時は、立ち止まって考えてみましょう。

家計簿は1年で予算も実績もバッチリ!とはなかなかいかないものです。

予定していたより大きく膨らんでしまった・・・これはうまくいかない・・・など、自分に合わないと思ったら合うように多少の調整をしていきましょう。

娯楽費は浪費になりがちなので、少し厳しい予算を守るくらいで頑張り、特別費でバーンと使う、というサイクルの方がメリハリはついてきます。

ただ、お一人様ならしっかり遊んだ方が満足度が高い家計にすることができますので、貯蓄が充分にあれば多少娯楽費が多くてもかまいません。

自分なりの理想の家計をつくれていればOKです^^

家計は、お金を貯めるだけに主眼を置いてしまうと、どんどんやりくりが窮屈になってしまいますが、自分の人生は1回しかありません。

お金を貯めることばかりに夢中になって、大した経験もせずに気づいたらもう人生の終盤・・・というのではせっかくの一生がもったいないですよね。

家計簿をつけて貯金を頑張るぞ!と思うと、ついつい貯蓄重視になり、今の生活をおろそかにしてしまいがちです。

もちろん数年間だけはマイホームのためなど目標を決めて貯蓄重視で頑張る!など目標があっての行動なら素敵だと思いますが、それが一生・・・では味気ないと思うのです。

自由度の高いお一人様だからこそ!よりやりたいことをしっかり充実させられる家計のやりくりを目指してもらいたいと私は考えます。

人生一回きり!自分の人生は自分で作る!

最期の日に自分の人生を振り返った時に、ああ楽しかった、私はこれだけのことをやってきたと胸を張れる人生設計を!

おおげさなようですが、私はそんな風に考えています。

何度でもご質問はご利用いただけますので、遠慮なくご利用下さいね^^

私もおなじみの方からのご質問はいつも嬉しく拝読しております♡

☆関連記事☆

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓家計のやりくりに関するご質問のまとめはこちらから。
家計のやりくりアドバイス(まとめ)

 


**********

お役に立ちましたか?

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。
友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、いつでもお待ちしています!

またいつでもご利用下さいね☆彡

文/あき

**********

↓はじめての方はこちらから
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語

↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

↓その他のご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

↓無料で家計の相談にお答えしております。
・お問い合わせ

**********

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください