家計簿のつけ方

赤字対策!「赤字用封筒」で家計の赤字を立て直す方法は?

当ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします!

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

毎月のやりくりで残ったお金は赤字用封筒に入れています。

その際は支出として月の家計簿に書くとのことですが、一旦その月は締めた残りのお金なのでどこに書いたらよいかわかりません。

今現在は月の家計簿の一番下の残高を0円として「赤字用封筒へ」と記入だけしています。

これだと計算が合わなくなりますか?

赤字用封筒から月の生活費が足りなくなったときに補填することが1回だけあったのですが、家計簿にはどうやって記載したらよいですか?

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。家計簿&家計管理アドバイザー、家計研究家のあきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます。

「赤字用封筒」についてですね。

赤字用封筒の作り方

家計簿をつけていると、予期せぬ出費があって、どうしても予定外に赤字になりそう・・・という月が出てきますよね。

そんな時に活躍するのが「赤字用封筒」です!

赤字用封筒があると、万が一の赤字の時にお助けマンのように使えます。

わが家でも赤字用封筒を用意して急な赤字に備えています。

赤字用封筒の作り方は簡単です。

毎月のやりくりで余ったお金の一部を支出として家計簿につけ、赤字用封筒に入れるだけ。

すでに支出として付けていますので、使う時は家計簿にはつける必要はありません。

おつりが出たら貯金箱に入れてもいいし、そのまま赤字用封筒に保管し、次の赤字に備えてもいいでしょう。

作成手順は以下のようにします。

(例えばの記入例)

・日用品に数千円の余りがでそう
・日用品欄に1000円赤字封筒へなどと記入
・残高を減らす
・赤字用封筒にお金を入れる

家計簿記入例

日付 食費 日用品 支出計 残高
4/1  20000円
4/2  赤字用
1000円
 12000円  19000円

(使う時の記入例)

・赤字用封筒からお金を出す
・支出としてつけているので家計簿にはつけない

・赤字用封筒に5000円入っている
・赤字が3000円くらい出そう
・赤字用封筒から3000円を取り出す
・赤字3000円の支出は家計簿に書かない

例えば娯楽費4000円の支出により3000円赤字になりそうな時

家計簿記入例

日付 食費 日用品 娯楽費 支出計 残高
4/1  20000円
4/2  1000円
(3000円は赤字補てん)
 1000円  19000円

など。4000円の支出を1000円にして3000円はなかったことにする。

赤字から補てんするのはあくまで予算をはみ出してしまった分だけにすると、赤字用封筒の使いすぎも防げます。

赤字用封筒に残っている2000円はそのまま繰り越し次回の赤字に備えます。

このようにすると、残高も合いますし、計算も狂わずに家計簿を続けられます。

ついでに予算も守れていることになります(笑)。

まとめ

・家計簿の赤字対策に、赤字用封筒を作っておくと、お助けマンになります!

家計簿をつけているとどうしても赤字問題に直面することになりますので、余裕がある月に赤字への備えをしておくと活用の幅が広がります。

多少の予算オーバーもこの方法でごまかしてしまって大丈夫です。ある意味、家計簿の裏ワザですね。あまり表立ってオススメできる方法ではないですね。慣れてきてやってみようかな・・・と思った時にやってみるとよいでしょう。

もちろん、ごまかしすぎると訳が分からなくなりますので、予定外の予算オーバーで赤字用封筒からお金を出すのは「たまに」という頻度にしておきましょう。

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓こんな時はどうする?他にもある!赤字についてのご質問のまとめはこちら
・赤字についてのご質問(まとめ)

この記事を書いた人

あき:家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー資格所有。
家計簿、家計管理、節約術、貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。掲載雑誌なども多数。
東京都在住。子ども3人5人家族の主婦。

おもな著書は以下の3冊。
「1日1行! 2年で350万貯めた あきのズボラ家計簿」
「年1回見直すだけ! ラクして貯まる! あきのズボラ家計管理」
「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください