ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

家計簿の基本のつけ方

クレジットカード払い時の正しい家計簿のつけ方(書き方)

あきの家計簿

クレジットカードは、ネット通販が便利な今、手放すことのできない便利なもの。

でも、カード払いで買い物をした時、家計簿にどうつければいいの?と迷いますよね!

ちょっとした工夫でカード払いの使いすぎも防止!できる優秀な家計簿になるかどうか差が出ます。

マネした方から、「この方法で家計が改善した!」という報告もたくさん届いているわが家の「クレジットカード払いの家計簿のつけ方」を紹介します!

クレジットカードの家計簿のつけ方

クレジットカード払いの時の家計簿へのつけ方は2通りあります。

1.買い物をした日には何も記入せず、口座引き落としとなった時に、家計簿に記入する方法
2.買い物をした日に家計簿に記入し、現金を封筒などに保管し、引き落とし時に口座に入金する方法

どちらでも間違いではありません。

クレジットカードの家計簿のつけ方(通常)

1.買い物をした日には何も記入せず、口座引き落としとなった時に、家計簿に記入する方法

カード払いは、買い物をした日に支払額が決まりますが、請求は大体2か月後に「銀行口座などから引き落とし」となります。

口座からお金が引き落とされるということは、口座の中でしか残高の変動がない(お財布からお金が出て行かない)ということです。

買い物をした日に購入額は決まるけれど、お金の残高の変動はない
ので、
買い物をした日は支出があったとみなす必要はないと考える方法です。

そのため
買い物をした日は家計簿はつけずに
支払いをする日に家計簿をつける

ということにする、というのが1つ目の家計簿のつけ方です。

具体的な家計簿のつけ方としては以下のようになります。

クレジットカード払いの家計簿のつけ方(引き落とし)クレジットカード払いの家計簿のつけ方(引き落とし)

※クリックで拡大できます。

1.家計簿の口座引き落としの支出を記入する欄に「カード払い」という費目(項目)を作る。

2.今月引き落とされる「カード払いの金額」をそのまま記入する。

注意点としては、カード払いの請求書には、光熱費からショッピングの利用明細まで、様々な支払いが含まれていることがあるという点です。

ここでカード払いという欄には、他の費目(項目)に記入していない残りの金額を記入します。

例えば、カードでの支払い額の明細が

電気代5000円
ショッピング 10000円

となっていたら、電気代は他の欄で記入済みですので、カード払いの欄にはショッピングの10000円だけを記入します。

明細は特に記入しなくてもかまいません。


カード払い(ショッピング) 10,000円

など、1行だけ記入するだけでOKです。1行記入するだけで済むので、記入量が最小限で済み、家計簿をつける際にも時間がかからず非常にラクです。

ただし、これはあくまで正確に管理する方法であって、使いすぎの予防にはなりません。

そのため、家計簿の余白にメモ欄を用意し、カード払いのメモを残しておくと便利です。

例えば、

4月 靴通販 5000円 累計5000円  
5月 母の日 10000円 累計15000円
6月 父の日 10000円 累計25000円
7月 子供服 15000円 累計40000円

のように今回使った金額と、1年間でいくら使ったという累計金額をメモしておきます。

日用品や食品もカード払いの場合は日用品 5000円 食品40000円などのように集計して合計額だけメモしておきましょう。

カード払いは1年間で15万円まで、など予算を決めると使いすぎも予防できます。

クレジットカードの家計簿のつけ方(工夫あり)

2.買い物をした日に家計簿に記入し、現金を封筒などに保管し、引き落とし時に口座に入金する方法

1つ目の方法は買い物をした日に、購入額は決まるけれど、お金の残高の変動はないので、買い物をした日は
支出があったとみなす必要はない
と考えましたが、

2つ目の方法は、買い物をした日に購入額が決まるので、買い物をした日に支払いも済ませ現金払いと同じ扱いにすると考えます。

具体的な家計簿のつけ方としては以下のようになります。

カード払いの家計簿のつけ方(現金払い)カード払いの家計簿のつけ方(現金払い)

※クリックで拡大できます。

1.家計簿の現金での支出を記入する欄に「カード払い〇〇円」と記入する。

2.記入した金額の現金をお財布から取り分け封筒などに保管する。

3.引き落とし時に取り分けたお金を口座に戻す

例えば食品2000円分の支払いがあった場合には

食費 2000円(カード払い)

などと1行記入するだけでOKです。

こちらも1行しか記入しなくて済むので、記入量が最小限で済み、家計簿をつける際にも時間がかからず非常にラクです。

支払った金額をお財布から取り出し封筒などに保管し、口座引き落としとなる月に封筒にとっておいたお金を口座に入金することで、現金払いと同じ扱いにすることが出来ます。

注意点としては、カード払いが非常に多い家計の場合は、都度現金を取り分けるのは面倒という点です。

また、都度現金を取り分けていると、取り分け用の封筒に小銭がジャラジャラと増えてしまうという難点があります。

その場合は、カード払いで購入したものにはチェックをつける、赤字をつけるなどして後から見ても分かるように記入しておき、月末などにまとめて合算して取り分けると月1回取り分けをするだけで済むので、非常にラクです。

封筒にお金を入れたり口座にお金を戻したり、とちょっと面倒なのですが、現金払いと同じ扱いなので、使いすぎは自動的にセーブされます。

まとめ

クレジットカードを使った時の家計簿のつけ方は、上記の2つの方法のどちらかで対応することをオススメします。

この2つの方法のどちらも間違いではありませんが、私のオススメは2番目です。わが家でも2番目の方法にしています。

カード払いはついつい使いすぎていつの間にか膨らむ支出になりがちです。

基本的にカード払いや分割払いを禁止にし、どうしても、という場合には2番目の方法で処理することでカード払いを上手にコントロールすることができます。

ただ、2番目の方法は少々面倒くさいのでデビットカードを使ったり、1番目の方法にはするけれどカードの利用頻度を少なくする、という方法もオススメです!

クレジットカード払いを現金払いと同じように扱うようにした(2番目の方法で処理するようにした)だけで「ビックリするほど家計が改善した!」という声がたくさん届いています!

カード払いがなんとなく多くなってしまっているという方は是非やってみてくださいね。

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓皆さんからいただいた電子マネーやカード払いについてのご質問はこちら
電子マネー・カード払いのご質問(まとめ)

↓2番目の方法、カード払いを現金払いにすることで家計が改善した!というご報告
カード払いで家計が回らない!から脱出した【改善実例】
カード払いで「現金がない」。支払いが苦しい人は