手取り年収500万円の家計

手取り年収500万円台の家計簿公開!子ども3人でも年間100万円以上貯金する家計とは?

日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします!

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

先日は質問に答えて頂きありがとうございました。

今回は家計診断をお願いしたくメール致しました。よろしくお願い致します。

●家族構成●
夫(35)、妻(35)、子(小3)、子(年長)、子(3歳)

1、収入
夫 年間380万円
妻 年間84万円
手当 年間63万円
合計 年間527万円

2、銀行支出
家賃 年間90万円(月7.5万円)
電気代 年間9万円
ガス代 年間7万円
水道・下水道 年間12万
通信費(携帯2台、Wi-Fi)年間16万(月1.3万)
保険(掛け捨て)、自転車保険 年間4万
幼稚園保育料、小学校(免除)年間24万
NHK受信料(年払い) 1.4万
合計 163万円(端数四捨五入)

3、現金支出
食費 年間48 万円(月4万円)
生協 年間6万(月5千円)
酒類(ビール、浄水器、箱買いの炭酸水など)
年間11万(月9千円)
日用品 年間12万円(月1万円)
娯楽費 年間24万(月2万)
教育費(給食費や園や学校での徴収金など)
年間10万 (月8千)
夫小遣い 年間48万円(月4万円)
妻小遣い 年間12万円(月1万)
合計 171万円

(特別費予定)
イベント費 年間16万
レジャー費 年間16万
被服費 年間21万円
おむつ、おしりふき 3万
家具・家電(積立)6万円
マンション更新費用積立 5万円
ふるさと納税 年間5万
臨時費 年間6万
合計 78万円

(昨年度貯金実績)
96万円

ご質問ありがとうございます。家計簿&家計管理アドバイザー、家計研究家のあきです。

「家計診断」についてですね。

質問者様の家計状況について、いくつか気が付いた点がありますので、以下お伝えさせていただきますね。

全体的な感想について

まずは、これだけの書き出し、お疲れさまでした。しっかり書き出しをしていただき、ありがとうございます。

年間収支は?

収入527万円
支出412万円

収支は年間約115万円の黒字の予定ということですね。

気になるところは?

質問者様の家計は、お子さん3人を抱えて年間100万円以上の貯金をされるなど、非常によく頑張っている家計と感じます。

貯蓄も収入の20%前後とよくできています。

支払わなくてはいけない支出も少な目です。

唯一気になるのは、

被服費 年間21万円

と、被服費がやや高めなことくらいです。

こちらの費用を5万円くらい削って、レジャー費に追加してもいいかな?と思います。

ただ、レジャーよりお洋服が大好き!という方もいますので、こちらはお好みで充分かと思います。

その他の支出については、車の費用もありませんし、全体的によく考えて節約できており、節約上手な奥様だと思います!
やりくりには自信を持ってくださいね。

貯金と今後は?

質問者様の家計の場合は、お子さんが3人いらっしゃいますが、まだ3人ともお金がかかる時期には差し掛かっていません。

一番上のお子さん、真ん中のお子さんは、そろそろ習い事などを検討したくなる時期かなと思いますが、現状では習い事費はありません。

家計のやりくりという点では優秀な選択ですが、お子さん自身が習い事をしたいといった場合でも、今後もさせないつもりなのか、少しはさせたいのかということを考えておくといいですね。

また年齢的に考えて、今後もますます昇進し、収入が増える見込みがあるかについてもあわせて考えておきたいところです。

現状では掛け捨ての保険のみで学資保険など貯蓄性のある保険には加入されていないご様子です。

そのため、大学の費用などは全額貯金から出すことになると思います。

お子さんが大きくなると、さらに支出が増えてきますが、その増えた支出+学費を払っていけるだけの貯金が用意できているように、貯金額を計算しておくといいですね。

例えば年間100万円貯金×10年間=1000万円です。

上のお子さんが大学入学時に1000万円あれば、一般的な大学なら学費も充分に払えるでしょう。下のお子さんたちの学費もかかる頃なので、その学費分くらいは貯金から出さずに払えるように支出を調整しておくとラクです。

しかし、万が一貯金額が年間100万円を徐々に切ってしまい、10年後にあまり残っていない・・・ということだと厳しくなります。現状では、手当が大きいので、手当が少なくなった時に、それを補えるだけ収入が上がる可能性があるかも合わせて検討しておくと安心です。

まとめ

質問者様の家計は、現状ではとても優秀な家計です。

貯金もしっかりできていますし、レジャー関連の費用もとれています。メリハリ家計ができていると言えます。

ただ、まだまだお子さんがお金のかかる時期にはなっていないため、お子さんが本当にお金のかかる時期になった時に、家計が上手く回るように注意していくとより安心できると思います!

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓同じくらいの年収の方の家計はこちらから

・手取り年収500万円台の家計のまとめ

家計相談Q&A
無料家計(家計簿)相談のQ&A一覧(質問疑問にお答えしています)当ブログではメールフォームより個別に無料で家計相談をさせていただいています。 お寄せいただいたご相談ご質問の結果をこちらで公開して...
節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語節約というと「食費」や「小遣い」を削ったり、「生活の質を下げる」ような「つらい」ものという印象があるかもしれませんね。 私も10年...
お問い合わせご訪問いただきありがとうございます。 家計に関するご相談やお仕事のご依頼など お問い合わせは以下のメールフォームをお使いください。...
ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー、住宅ローンアドバイザー(住宅金融普及協会)資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。日本テレビ、NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください