ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

手取り年収400万円の家計

【手取り年収400万円台】中学生の子ども2人。全く貯金に回せないのですが?

当ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします!

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

あきさん。いつも拝読しています。

主人 43 私38 子中2 子中3

現在主人の両親と同居していますが将来別居する予定でいます。

前回のあきさんの家計診断では、貯金もでき、娯楽が少ないという診断をうけました。
しかし、現実には毎月全く貯金に回せる余裕がありません。

このままでは同居解消後、生活が成り立つか心配でたまりません。

収入
主人 321万
私 141万
手当 12万 来年は1人分

474万

銀行支出
年116万

光熱費(両親と折半) 3万 年36万
食費 6万 年72万
日用品 1万2000 年14万4000
娯楽 2万3000(3万くらいに上げたいですが…) 年27万6000
学校集金 1万 年12万
夫小遣い 3万 年36万
ガソリン 6千 年7万2000
塾 (中2) 2万1600 年25万9000

あき計算補足(年間231.1万円)

特別費 
自動車税 年6万
自動車保険 2台 年3万6000
車検積立 年3万6000
塾教材費バス代 年6万8000 中2
イベント 年6万
高額医療 年6万
子供貯金 年11万2000
予備費 年4万2000
引越し積立 年44万2000

あき計算補足(年間合計91.6万円)

現在は家賃もなく、光熱費も折半なので支払うお金は少ないですが
別居すれば、家賃も光熱費もあり、支払うお金も増えると思います。収入に見合った予算配分を教えていただきたいです。

例えば、家賃、光熱費、食費、娯楽、特別費はどのくらいが妥当なのでしょうか?

あきの答え

ご質問ありがとうございます。あきです。ブログへのご訪問もありがとうございます!「家計診断」についてですね。

質問者様の家計状況について、いくつか気が付いた点がありますので、以下お伝えさせていただきますね。

全体的な感想について

まずは、これだけの書き出し、お疲れさまでした。しっかり書き出しをしていただき、ありがとうございます!

年間収支は?
収入474万円
支出438.7万円

収支は年間約35.3万円の黒字の予定ということですね。
ただし、

子供貯金 年11万2000
引越し積立 年44万2000
高額医療 年6万

こちらがあるので、実際には年間約96.7万円の黒字ということかと思います。

気になるところは?

質問者様の家計でどうしても気になるのは、「年間96万円ちかい黒字」を出せているのに、「全く貯金に回す余裕がない」という意識を持っておられる点です。

今回の家計の内容を見る限り、決して全く貯金ができないという状況にはならないと思うのですが、なぜそのように不安になってしまうのかを考えると、一番ネックになっているのは将来「家賃がかかるようになるのでは?」ということではないかと推測します。

例えば、家賃が月8万円かかるようになれば、今より年間で96万円支出が増えるので、現在の黒字額とほぼ同等になってしまうので、貯金ができなくなる。

引っ越し費用などいくつか積み立てを行っているが、それは将来使う予定のあるお金なので貯金ではない。そのように考えているのかな?と感じます。

また、現在は

銀行支出
年116万

とひとくくりに支出を書かれていますが、こちらの支出の内訳についても記載がないともう少し削れるのかなどが分かりません。

以上の点を含めて今後について一緒に考えてみましょう。

毎月のやりくり法は?

まずは、毎月のやりくりについて考えてみると、ボーナスがない場合は、月収38万5千円となりますね。

現状の支出は

銀行支出 年116万
光熱費(両親と折半) 3万 年36万
食費 6万 年72万
日用品 1万2000 年14万4000
娯楽 2万3000(3万くらいに上げたいですが…) 年27万6000
学校集金 1万 年12万
夫小遣い 3万 年36万
ガソリン 6千 年7万2000
塾 (中2) 2万1600 年25万9000

となりますので、347.1万円÷12ヵ月で月28万円ほどが必要となります。

毎月10万円は余剰があるのですから、

自動車税 年6万
自動車保険 2台 年3万6000
車検積立 年3万6000
塾教材費バス代 年6万8000 中2
イベント 年6万

で特別費で必ず必要な支出は月2.2万円ずつ積み立て。

残り7.8万円のうち

引っ越しや医療費に積み立て 月5万円
貯金 月2.8万円(33.6万円)

くらいの配分でやっていく方が家計としては無理がないと思います。

現状では、引っ越しの積み立てが大きすぎるような気もします。急いでいないなら大きな教育費を払い終えてから引っ越すくらいの方が家計としてはラクになります。

貯金と今後は?

次に、現状では黒字96万円ですが、仮に引っ越しをし、家賃が発生するようになったという前提で予算を考えてみましょう。

家賃が発生するようになった場合に考えられる支出は以下のような点です。

家賃 月8万円(年間96万円)
光熱費 月1万8千円(年間21.6万円)
携帯 月2万円(年間24万円)※WIFI込みスマホ4台
生命保険 月1万円
合計 154万円 

その他、現金払いで必要な支出としては以下が想定されます。

食費 6万 年72万
日用品 1万2000 年14万4000
娯楽 2万3000(3万くらいに上げたいですが…) 年27万6000
学校集金 1万 年12万
夫小遣い 3万 年36万
ガソリン 6千 年7万2000
塾 (中2) 2万1600 年25万9000
合計年間231.1万円
特別費 自動車税 年6万
自動車保険 2台 年3万6000
車検積立 年3万6000
塾教材費バス代 年6万8000 中2
イベント 年6万
合計年間26万円

ここまでで合計年間約411万円です。手当がなくなったとした場合でも年間の黒字額は51万円になります。

ただ、ここには記載がない学費などがのっていませんので、そちらの金額次第では貯金は少なくなります。

もし、引っ越しをする時期がお子さんが大学を卒業してから・・・ということなら、学費関連はかからないので、年間30万円ほどは余裕が出ますので、引っ越しはお子さんの学費や今ある貯金額などと相談しながら時期を決めるとうまく家計も充分に回せると思います。

また、今回は家賃を8万円にしましたが、地域の事情などでもう少し安くなるということなら、さらにラクになるでしょう。

車のローンが終わったり学費の負担の減少などが見込める時期になれば娯楽費を3万円にあげたり、旅行の費用をふやしたりすることも充分に出来ると思います!

何度か家計の内容を送っていただきましたがそれぞれに違いがあるので、最新のものを利用させていただきました。

内容に相違がある場合はまたいつでも再診断をお申し込みくださいね!

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓同じくらいの年収の方の家計はこちらから
手取り年収400万円台の家計のまとめ
↓無料で家計の相談にお答えしております。
・お問い合わせ

お役に立ちましたか?

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問にブログでお答えいたします。
友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、いつでもお待ちしています!
またいつでもご利用下さいね☆彡

文/あき

はじめての方はこちらから!
↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術
当ブログの書籍発売中です!


あきの家計簿

あきの家計管理(年間予算の作り方)

定価500円+税!でスタートできます!
書きこみ式!あきの家計簿


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください