家計簿の基本のつけ方

これって日用品費?!やりがちNG家計簿のつけ方!

家計簿のつけ方

家計簿に「日用品費」を作ったというあなた!でも、その「日用品費」に何を書けばいいのか知っていますか?

ついつい日用品費にいれがちなモノでも、実は入れると「家計簿の貯まる効果が薄まる」モノがあるので要注意です!

そもそも日用品って何?

そもそも日用品とは?!という方のためにいうと、日用品とは「日常的に使うモノ」のことです。

例えば、シャンプー、リンス、トイレットペーパー、ティッシュ、ラップ、洗剤、生理用品など。

このようなものは「日常的に使う」ので、自分でも日用品だと分かりやすいですよね。

しかし、中にはこれって日用品?と迷うものもたくさんありますので、家計簿をつける際には注意が必要です。

これって日用品?(文具)

家庭や学校で使う文房具類。ボールペンやシャーペンや消しゴムなど。

これは日用品でしょうか?それとも子どもが使うものは子ども費?学校で使うものは教育費?

私が考える正解は「家庭や子どもがどうしても必要な最低限の文具」は日用品です。

ボールペン、シャーペン、消しゴム、学習帳などのノートなど。

ただし、「ファンシー文具」などは日用品ではなく、他の娯楽費用に振り分けます。

例えば、学校で必要な学習帳や鉛筆は「日用品」。お友達にお手紙を書くために買ったカラーペンやレターセットやノートは娯楽費用。お友達にプレゼントするために買った文具も娯楽費用。筆箱や鉛筆削りなども娯楽費用。

筆箱や鉛筆削りは日用品じゃないの?!と思うかもしれませんが、筆箱や鉛筆削りは日常的に使うものではありますが「毎月または数ヶ月に1度は必ず買う」というようなものではないからです。一度買ったらしばらく買わなくても済むようなものは日用品にはいれません。

これって日用品?(フライパンやお弁当箱やお皿などのキッチン用品)

フライパンやおたまや醤油さしやお皿などのキッチン用品。お弁当箱や水筒やお弁当にいれるピックなどのお弁当グッズ。

フライパンやおたまや醤油さしやお皿なども日常的に使うものですが、これらは日用品でしょうか?

私が考える正解は、これらは日用品ではなく「すべて娯楽費用」です。

なぜなら、これらの商品も日常的に使うものですが「毎月または数ヶ月に1度必ず買う」ものではないからです。

これって日用品?(化粧品)

スキンケア用品、ファンデーションやマスカラのような化粧品。

これらは日用品でしょうか?

私が考える正解は、これらは「日常的なスキンケア用品と化粧品」のみ日用品とし、残りは「自分の小遣い費」です。

例えば、洗顔フォームや化粧水など。それほど高くないスキンケア用品は日用品。

しかし、ファンデーションや口紅やマスカラのような化粧品や、高額なスキンケア用品は自分の小遣いから出します。

こうすることで、ムダに日用品費が高くなることを防げます。

これって日用品?(オムツやミルクなどの赤ちゃんグッズ)

オムツやミルクやおしりふきや綿棒など赤ちゃんにかかる日用品。

これらは日用品でしょうか?それとも子どもにかかる費用なので子ども費?

私が考える正解は、オムツなど「日常的に必要になるもの」のみ日用品とし、残りは「娯楽費用」です。

例えば、オムツ、ミルク、おしりふき、綿棒など毎月のように買うものは日用品。ただし、洋服やスタイなど衣類に関するものは日用品にはいれず、娯楽費用に振り分けます。わが家の場合は、パックになっている赤ちゃんの離乳食やスポーツドリンクも食費または日用品に入れていました。

これって日用品?(シップや絆創膏や薬)

シップや絆創膏や風邪薬や胃腸薬。

これらは日用品でしょうか?それとも医療にかかわる費用なので医療費?

私が考える正解は、「すべて日用品」です。

シップや絆創膏などはなくなったら繰り返し日常的に買い足すものだからです。

これって日用品?(サプリメント)

健康や美容のために摂るサプリメント。

これらは日用品でしょうか?それとも医療にかかわる費用なので医療費?美容にかかわる費用なので美容費?

私が考える正解は、医療行為として毎月のように買っている場合は「日用品」。それ以外は「すべて自分の小遣い」です。

例えば、健康のために毎日夫婦でビタミンCを取っている、持病があり持病改善のためのサプリメントを毎月のように購入しているサプリメントは「日用品」。それ以外は個人的な嗜好品となりますので「自分の小遣い」から出します。

これって日用品?(切手や宅急便)

切手や宅急便などにかかる配送料。

これらは日用品でしょうか?それとも日用品ではないので運送費や交際費?

私が考える正解は、切手は「日用品」。イベントでの贈り物などにかかる送料は「特別費」です。

例えば、ちょっとしたお手紙を出す程度の切手代は、毎月または数ヶ月に一度くらいはあるものだと思うからです。

しかし、宅急便は「毎月野菜などを子どもに送っている」など日常的に利用している場合は「日用品」でかまいませんが、年に数回贈り物をする時だけの場合は「特別費」で書きます。

まとめ

家計簿をつけていると、たかが日用品費でも意外と「これって日用品?」と迷うことがあると思います。

多少の間違いはあってもかまいませんが、上記のルールで家計簿をつけると、予算が立てやすく守りやすい家計簿にすることができますよ!

自分に合った方法で、「つけるだけで貯まる家計簿」を目指してくださいね!

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓知らずに赤字を招く雑費についてはこちら
雑費とは?赤字を防ぐ!家計簿への正しいつけ方と費目の例

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください