手取り年収600万円以上の家計

手取り年収600万円台の家計簿公開!繰り上げ返済をしながら旅行なども楽しむには?

ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします!

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

●家族構成●

夫(38)、妻(36)、長男(小1)、次男(2歳)

1、収入

夫 手取年間480万円
夫 手取ボーナス120万円
児童手当 年間40万円(大学費用 全額積立貯蓄)
ローン減税 年間28万円(ここから固定資産税を支払い。差し引いた金額です。車検・子供入学品・家具家電・家修繕費用 を積立貯蓄)

合計 年間668万円

2、銀行支出

住宅ローン 年間120万円(実際は110万円で残高は繰上返済)
水道光熱費 年間23万円
通信費 年間9万円
携帯代 年間23万円(夫婦スマホ2台+子供用携帯1台、主人仕事の都合でこれ以上は安く出来ませんでした)
夫保険 12万円
妻保険 4万円
車保険 8万円(主人仕事の都合でこれ以上は安く出来ませんでした)
学資保険 9万円
個人年金 24万円
小学校集金 12万円(別口座に入金、残高は次月に積立)
習い事長男 14万円
習い事次男 6万円
保育料 24万円(今年4月から長男入学の為、次男入園までの2年間はなしになります)
学費積立 6万円(月5千円)

合計 294万円

日用品 年間12万
娯楽費 年間36万円(月3万円)
美容積立 年間12万円(月1万円)(妻・子供2人美容院+化粧品)
臨時積立 6万円(月5千円)
夫小遣い 年間48万円(月4万円)

合計 186万円(あきより食費72万円?抜けている?)

(特別費予定)
コンタクト サプリメント一年分 5万円
衣服 15万円(オーバー分は娯楽費より)
イベント 15万円
家族旅行 35万円
会社旅行 5万円
その他会費・カード年会費・インフル注射・クリーニング など 10万円
繰上返済用積立 30万円

合計 120万円

(昨年度貯金実績)
昨年は年間で100万円くらいは貯金が出来ています。(学資保険や個人年金は省いています)
2年後に次男が入園してからは働く予定ですが、繰上返済積立・新車購入積立・次男学費積立分を追加する予定です。
長男の歯列矯正もしてあげたく、がん保険に未加入の為、何も使用予定がない貯蓄も増やしたいです。
現状見直すところはありますでしょうか?家計診断よろしくお願いします。

「家計診断」についてですね。

質問者様の家計状況について、いくつか気が付いた点がありますので、以下お伝えさせていただきますね。

全体的な感想について

まずは、これだけの書き出し、お疲れさまでした。しっかり書き出しをしていただき、ありがとうございます!

年間収支は?
収入668万円
支出600万円

収支は年間約68万円の黒字の予定ということですね。

学資保険 9万円
個人年金 24万円
学費積立 6万円(月5千円)
臨時積立 6万円(月5千円)
繰上返済用積立 30万円

たくさんの積立や保険や年金がありますので、実際には最低でも年間101万円の貯蓄、積立を含めればもう少し・・・というところでしょうか。

昨年は、保険と年金を除いて年間100万円くらいは貯金ができているということなので、今年度は何かの支出がかさんでいるのか?などまでは読み取り切れません。

気になるところは?

質問者様の家計で気になるところはほとんどありません。

水道光熱費 年間23万円
通信費 年間9万円
携帯代 年間23万円(夫婦スマホ2台+子供用携帯1台、主人仕事の都合でこれ以上は安く出来ませんでした)
夫保険 12万円
その他会費・カード年会費・インフル注射・クリーニング など 10万円

水道光熱費、通信費、ご主人の保険、その他の会費などがやや高めかなあというくらいで、あとはとてもよく出来ています。

携帯電話は安くできなかったということですが、通信費の方はいかがでしょうか?WIFIだけの費用でしたらやや高いように思います。

ご主人の保険も掛け捨てだけにしては高すぎるように思います。何らかの貯蓄性がある保険でしたら、こちらも貯蓄としてみなせそうですね。

また、その他の会費なども年間10万円はやや高いように感じます。今一度何に支払っているのか見直してみるといいですね。

その他のところでは、

娯楽費 年間36万円(月3万円)
衣服 15万円(オーバー分は娯楽費より)
イベント 15万円
家族旅行 35万円
会社旅行 5万円

とお楽しみにかける費用もたくさんあるところが素晴らしいですね!

特に、娯楽費は金銭的に余裕がない方だとなかなか月3万円用意できないことが多いので、月3万円を用意できるのはとても立派です!

男の子二人にしては洋服代が高いような気もしますが、この辺はお好みでいいでしょう。

繰上返済用積立 30万円

旅行などにもお金を配分し、繰り上げ返済もしっかりされていて、さらにお金が貯められている点が特に素晴らしいです。

貯金と今後は?

これからの家計について考えてみても、
収入もこれからさらに増える予定があること、
お子さんもまだ小さく、当面大きな学費がかからないこと

からまさに今が貯め時と言えます。

現金での貯金をもう少し増やしたいのであれば、

水道光熱費 年間23万円→年間20万円
通信費 年間9万円→年間6万円
その他会費・カード年会費・インフル注射・クリーニング など 10万円→年間5万円
衣服 15万円(オーバー分は娯楽費より)→10万円

といったところを少しずつ削り、年間16万円ほどさらに貯金を追加できるかどうかといったところではないかと思います。

ただし、お楽しみを減らしたり、無理な節約をしてまで貯金に比重をおくべきかはよく考えた方が良いと思います。

繰り上げ返済を今は頑張っていらっしゃっていますし、返済が進めば住宅ローンも軽くなります。

そこに収入の増加が加わり、さらに積立が加速するのですから、それほど焦って今すぐ貯金のことばかり考えるべきかという気もいたします。欲張りすぎても守銭奴のような生活になってしまいます。

むしろ、収入が増えたら、もう少し旅行などにお金をかけたり、お子さんの教育としての習い事を少し増やすくらいでもよいと私は思います。

これだけ余裕があるので、少し投資などを始めてお金を増やすことを考えると、貯金を守らなくてはという意識を持たなくても済むかもしれません。守るより攻める方に少しシフトするという考えです。

まとめ

質問者様の家計は、現状は非常によくできている家計です。

光熱費や保険や通信費は若干高めなものの、それが少し高いくらいでも全く問題がないほどゆとりがあります。

また、今のご年齢でこれだけご主人に稼ぎがあるのはとても立派です!ご年齢から考えると、まだまだ収入を上げるチャンスもあり、これからの家計がますます楽しみですね。

あまりストイックにお金を貯めることばかりに集中するよりも、気持ちのゆとりのもてる家計を維持できると、長続きするのではないかな?と思います。

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓同じくらいの年収の方の家計はこちら
手取り年収600万円台以上の家計(まとめ)

↓はじめての方はこちらから
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語

↓無料で家計の相談にお答えしております。
・お問い合わせ

ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください